Bienvenu chez Blamani

Bonjour, Je m'applle Gaku.
Je suis très content de vous voir.
faites comme chez vous.

blamani - ブラマニ -

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

08
2016  05:48:05

『Paris ファッションドールフェスティバル Act.2』



* * * * * *

こんにちは~blamaniのガクです。
もうすっかり5月になりましたが
暖冬のだったせいかまだ春なのに
もう初夏、いや真夏の陽気です。
このままいったら夏がどんな暑く
なるか考えたくもありません。笑

今まで出張版『ブラマニ』がお世話になっていた
『Dolly Japan』さんが大変残念な事に諸事情で
突然休刊になってしまったので未発表の記事をここ
のブログでアップさせて頂いております。

前回の記事の続きで
『パリファッションドールフェスティバル』
の続きをご紹介させて頂きますね。



『Paris ファッションドールフェスティバル Act.2』


画像をクリックすると大きな画像になります。



Barbieファンの中で知名度の高いイタリアの
「Alessandro & Giuseppe 」のお二人。





ドールコレクターでもありOOAK作家さんでもあります。





2014年のマテルの『NBDCC』の記念ドールのデザインも
この2人の作品が採用されました。





ベッツィーで有名なアメリカの『Tonner』ドール。 
「ハリーポッター」や「トワイライト」の映画関係
のドールも人気があります





フランスでも独得なデフォルメで人気のIntegrity ToysのGeneとTrent。





会場の中でも一際人気のあった
ロシアのDuoアーティスト『DollChic』。





凄く豪華でセクシーで目が釘付けになりました。





お値段も凄かったのですが香港のバイヤーさん
が凄い数の子達を購入しておりました。





イギリスの『kingdom doll』。
今に動き出しそうなリアルでダイナミックな
作りのなかにも女性的な繊細な仕上がり。





午前中にいったのですが全て完売しておりました。





『Julien MARTINEZ』
パリのテディ•ベア界では超有名なお方。





まさか彼がこのショーにも居るなんて驚きです。
夢に出て来そうな程表情豊かなBlytheやmomokoのカスタムがずらり。



Act.3 に続きます。。。




À suivre

ブログ村への入り口はこちらです。↓
ランキングに反映されるのですが決して強制では
ございませんので宜しくお願いします。

にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

 PFDF

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/05/17 (Tue) 15:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。