Bienvenu chez Blamani

Bonjour, Je m'applle Gaku.
Je suis très content de vous voir.
faites comme chez vous.

blamani - ブラマニ -

01
2016  01:50:31

Blythe Convention Paris 2015 - Act . 2 -



* * * * * *

こんにちは~blamaniのガクです。

今週からヴァカンスが始まっていろいろ
やりたい事、出かけたい所が沢山あったのですが
しょっぱなから風邪を引いてしまってダウン。笑

やっぱり気をぬくとダメですね〜

暖冬と言ってもまだまだ冬ですね、
皆さんも体調管理には十分お気をつけくださいね。

前回に引き続き、休刊になってしまった
『Dolly Japan』様に書いた記事の続きです。

今年は日本でも開催されるこの『ブラコン』。

少しでもパリブラコンの雰囲気が伝われば幸いです。



Blythe Convention Paris 2015 - Act .2 -


画像をクリックすると大きな画像になります。


BLYTHCON EUROPE2015年
イベントスケジュール

9h Vendorsさん達入場
10h30 一般客入場
10h30-15h30 ブルーノさんのDollhous自由体験
11h/14h ブライスと一緒の無料フォトサービス
11h30 momolitaさんのWS
12h Loeさん「Kenners」 についてのトークショー
12h30/13h30 自由飲食
13h ブライス映像作家の作品上映会
13h30 Piparrot’s rerootさんの実演
13h30 TSANFW’sさんのWS
14h30 Junko Wongさんの講演
15h30 Raffle(慈善クジ引き)
16h30/17h 閉会





6月27日土曜日、BlytheCon当日。
開場となったのはParis 13区のイベント開場『MAS』。
10時30分なのですが僕が着いたのは丁度1時間前、
既に30人位の行列が出来ており先頭にいた若いアジア系のグループ
の子達は2時間位前から並んでいたそうです。列に並んでいる間にお話し
した女性の方は今回、わざわざこの週末を利用してスペインからいらっしゃった
そうでこのブラコンがメインでついでにParis観光もして帰るとおっしゃってました。
開演時間の直前には200人以上の長蛇の列。列に並んでどこかに入場するという光景
を滅多に見る事の無いこのフランスではとても珍しい風景でした。





入場料はペアチケットが32€、シングルは20€。
この料金の中にはグッディバック(手土産)と
フリードリンクとラッフルチケットが一枚づつ着いております。

列に並んだ順番で入場開始、受付で事前に自宅で印刷してきたチケットと
会場内で事故紛失等があった場合の誓約書にサインをして渡すと小さな水色の
「グッディバック」を渡されます。





中はもう既に凄い熱気で入場後、目当ての作家さんの所に
直行する姿は何処の国でも同じ光景ですね。
作家さん達もファンの方々のこの熱意に応える様に一生懸命接客なされておりました。

参加されたVendors(売り手)さんの数は総勢45組。
一番参加者の多かった国はスペインで10組、次いで英国の8組、
フランスの7組、次に日本の5組。他イタリア、オランダ、USA、
ポルトガル、韓国などなど計14カ国もの国籍の方々が参加なされておりました。






「グッディバック」の中身。
開場のスクリーンで映像が紹介された作家さんの絵ハガキ。
BlytheConのイラスト入りミニバック、エッフェル塔のチャーム、
ブライスサイズのサングラス、ミニメモ帳、パリのメトロの
絵柄のラッフル抽選券。


- Act . 3 -

に続きます。





À suivre

ブログ村への入り口はこちらです。↓
ランキングに反映されるのですが決して強制では
ございませんので宜しくお願いします。

にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村

 Blythecon EUROPE

0 Comments

Leave a comment