Bienvenu chez Blamani

Bonjour, Je m'applle Gaku.
Je suis très content de vous voir.
faites comme chez vous.

blamani - ブラマニ -

02
2015  06:37:05

澄んだ冬空の『雲』の様に。。。



* * * * * *

澄んだ冬空の『雲』の様に。。。


画像をクリックすると大きな画像になります。



先日、僕の初めての飼い猫が天国に行ってしまいました。

彼女の名前は『Nuage ニュアージュ』
(フランス語で白い雲、Cafe に入れるミルクの白い泡)の意味。


この『 blamani 』は主にお人形を紹介するブログなのですが

やはりここは個人のブログですのでこう言った話題も

隠さず綴らせて頂きたいと思っております。

読んで不快に思う方や気分を害する方、

猫や動物の生死の話題を聞きたくない方

いらっしゃると思います。なのでそう思われる方は

どうかこの先は読まずにお戻りください。




À suivre

ブログ村への入り口はこちらです。↓
ランキングに反映されるのですが決して強制では
ございませんので宜しくお願いします。

にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村



* * * * * *




フランスに来てまだ学生だった頃、ちょうど今頃の季節。

熱を出して寝ているところを無理やり連れだされ着いた
先はNoëlの前によく開催される「捨て犬猫防止会」主催
のペット里親探しの会場。

そこには飼い主のいないペットをクリスマスプレゼント
に子供達あたえる家族ずれが多数おりました。
頭は痛いし喉は痛いしでなんでこんなところに来なきゃけないのか?
僕はふらふらの頭でちょっと怒りモードでした。

日本では動物に囲まれて育った僕が一人ぼっちのフランス
で寂しくないようにとフランスの家族がNoëlの為に僕に
用意してくれたサプライズプレゼントでした。

好きな子を選んでいいよと唐突に言われびっくりしつつも
嬉しけど体調不良で苦しい中、目の前のハチわれの白黒の
子猫を選びました。すると会場の係りの方が
「この子は気性が激しくて人に懐いてないからこっちの方がお勧めよ」
と隣のケージの大人の猫を勧められました。

それが彼女、『ニュアージュ』との出会い。
彼女は既に2歳になったり成猫で僕が触ると喉を鳴らして
頭を寄せてくる様な人懐っこい猫でした。
2人の子供がいたフランス人の家族に飼われて居たの
だけど離婚するので飼えなくなってここに来たそうで。。。
本当は小さな子猫が欲しかったけど、
そのなりゆきを聞いて連れて帰ってきちゃいました。

あれから10年以上の月日が経ち本当に彼女とは色々な事がありました。

フランス生活に慣れていない所にやって来た新しい家族。

初めての自分の飼い猫という事で躾に厳しく僕は
怒ってばかりで、彼女には申し訳ない事をしました。

飼い始めて三年経ったある日、急にご飯を食べなくなり
病院に連れて行くと心臓病の持病があるから暫く入院。
その後、心臓が弱っているのであと数日の命という診断でした。
それから仕事の後、毎日病院に通っては彼女を見舞う日々でした。

しかし彼女は奇跡的に持ち直し無事に退院したのですが毎日心臓の薬
を飲む日々が続きなんだかんだで10年経っていました。。。






その間、数回引越しをしたり、
彼女に新しい弟分猫カプチーノが加わり喧嘩を
しつつも仲良く暮らし、数年後にはまたまたその弟分
と言うか孫の様な子猫のモカまで加わり大家族に。
三匹仲良く僕のフランス生活を潤し和ませてくれました。。。

彼女が来てから13年、病が発病してから10年。。。

今年の冬が来てから彼女はみるみる痩せてしまい
ご飯もあまり食べなくなってしまいました。
薬の量も増え騙し騙し飲ませていたのですがそも難しくなり。。。

獣医さんには心臓に水の溜まるこの病気は呼吸が困難になり、
猫も凄く苦しむので安楽死をさせた方がいいと言われました。

しかし、その時はどうしても僕はその言葉を
受け入れられず無理やり彼女には薬をやっては
ちょっと回復するもまた悪くなり、
また薬で無理やり回復させるの繰り返しで
騙し騙し日々を過ごして来ました。

薬を飲まないと死んでしまうのに
飲んでくれない彼女にイライラしてしまったり。。。

それが遂に何も食べなくなり水も飲まなくなってしまい
一ヶ所にうずくまって動かなくなってしまいました。
以前は呼びかけて頭を撫でると頑張ってでも喉を鳴らし
頭を摺り寄せて来てくれていたのにそれさえもなくなり
ただ苦しそうに息をするだけになってしまいました。

このまま苦しませながら天命を全うさせるのがいいか、
獣医さんが言う様に楽にさせるのがいいのか
悩みに悩んで獣医さんの予約をとりました。

なんでこんなになるまで待ってしまったのか、もっと早く決心
がついていれば彼女も苦しまないで済んだのではないか?

それでも病院に行く前日、数時間前になっても決心がつかず悩みました。
予約をキャンセルしたい、このまま苦しんでも僕の側にいて
彼女の命が自然に尽きるまで待った方がいいのでは?





医学の進歩で人間も動物も寿命が延びたけど、でも
命の分量ははじめから決まっていているのではないか
例えば寿命より短くても苦しまず楽な生き方を選ぶか
例え辛く苦しんだとしても薄く長く引き伸ばされた生き方を選ぶか、
でも大切なのは命の長さや量ではなくどうの様に生きたか
その命の質ではないでしょうか?

安楽死はただの飼い主の勝手なエゴでは無いのか
命の終わりというのは僕達が勝手に決めていい事では無いのではないか

もし僕が治らない病気で苦しみながら命が尽きるまで耐え抜くよりも
できれば楽に死なせて欲しいと望むだろうけど、けど彼女は?

こんなに科学技術が発達しているのになんで
動物達と言葉を通わす手段がないのでしょうか?

僕は彼女に聞きたかった、苦しんでもいいからもっと生きたいのか
それとももう、苦しみたく無いから楽になりたいのか?

病院に向かう車の中で何日も言葉を発しなかった
彼女が一言「ニャ〜」とか細い鳴き声を発しました。
彼女は何を思って鳴いたのか。。。

僕が彼女に対して出来た事は目を逸らさずに
優しく撫でて励まして慰めてあげる事だけでした。

なぜ殆どのペットは飼い主より長生き出来ないのでしょうか?
ある本でそれは体大きな人間はその悲しみに耐えられるけど
体の小さなペットは耐えられないからだと。。。

動物を飼うという事は他の命に責任を持つという事
飼い主としての責任の重さを改めて思い知らされました。

こんなに辛い思いをする位ならもう動物なんて。。。


Nuageもう嫌いなお薬を飲む必要もないし
苦しみながら呼吸をする必要もないからね。


一人ぼっちだった僕のフランス生活を
一緒に過ごしてくれて本当にありがとう。





À suivre

ブログ村への入り口はこちらです。↓
ランキングに反映されるのですが決して強制では
ございませんので宜しくお願いします。

にほんブログ村 コレクションブログ ブライスへ
にほんブログ村
Rさん沢山のNyunyuをありがとう。。。

 日々の生活

28 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/02 (Wed) 08:11 | EDIT | REPLY |   

ユメジ  

良く決心されましたね。
私も犬を2頭飼っていますが、いつかは死んでしまうのだと思うと、その時が来るのが怖いです。
でも、私が先には絶対に死ぬわけにはいきません。
辛くて死にたくなった時でも、ワンコ達の事を考えると、生きなくちゃって思います。
安楽死の決断は、私に出来るかどうか分かりません。
自分が悲しいから、まだ生きてて欲しいと思うかもしれません。
苦しむ姿をこれ以上見るのが辛いと思うかもしれません。
でも間違い無い事は、命は永遠ではないんですよね。

2015/12/02 (Wed) 09:10 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/02 (Wed) 11:13 | EDIT | REPLY |   

あかねこ  

こんにちは。ガクさんの猫ちゃん達のマトリョーシカを描かせていただいたあかねこです。
ニュアージュちゃんのことをナオヨさんから聞き、お邪魔しました。
とても辛い決断でしたね。でも苦しみから解放されてニュアージュちゃんもほっと一息ついてるかもしれませんね。
我が家も今年の9月にガクさんと同じく15歳の猫を心臓病で亡くしました。
とても辛く、今でも家族みんな完全には立ち直れてはいません。
動物を飼う以上避けらないことですが、「こんな思いするなら飼わなければ良かった」「動物なんか好きじゃなきゃ良かったのに」とさよならの度に思ってしまうんですよね。
でも、まだ残された子達もいるので頑張らなきゃいけないと思ってます。
ガクさんもカプチーノちゃんモカチーノちゃん達のためにもぜひ早く元気になってくださいね。
きっときっとニュアージュちゃんは近くで見守っているはずですから!

2015/12/02 (Wed) 14:45 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/02 (Wed) 16:44 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/03 (Thu) 05:22 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/03 (Thu) 05:25 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/03 (Thu) 08:17 | EDIT | REPLY |   

わか  

こんにちは。いつも拝見させていただいております。
私も去年、子供の頃からずっと一緒だった飼い猫を亡くしました。
多い兄妹の末っ子の私にとっては妹のような存在だった子です。ずっとずっと泣いて過ごし、猫を見ては泣いてました。とても辛かったです。
でも、楽しかった思い出も多くて今はその思い出を大切にしてます。
ガクさんもゆっくりで良いと思います。元気になりますように。

2015/12/03 (Thu) 10:32 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/03 (Thu) 15:15 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/03 (Thu) 22:16 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/04 (Fri) 04:56 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメち⚫︎ー⚫︎さんへ

鍵コメち⚫︎ー⚫︎さんいつもコメントありがとうございます。
彼女が逝ってしまってちょうど明日で一週間経ちます。
まだ家のあちこちで彼女の姿がないか探してします自分がいます。
やはりち⚫︎ー⚫︎さん宅にも年老いた猫ちゃんいらっしゃるのですね
きっとご心配でしょうね、飼い主に出来る事って本当に少ないの
だと今回の件でつくづく感じました。
でも大切な大切なペットこれからも悔いがないように残りの2匹
可愛がってあげようと思います。
今回は素敵なコメントありがとうございました。

2015/12/04 (Fri) 07:51 | EDIT | REPLY |   

ガク  

ユメジさんへ

ユメジさんこんにちはやはり動物を飼っていると
最後の時ってどうしても想像してしまいますよね。
可愛い子達をのこして自分が先にいなくなるなんて
絶対できませんよね、後に残された子達がどうなるか
考えただけでもう。。。動物は癒しや安らぎを与えて
くれますが辛さや悩みも同時に与えてくれる存在です
がやはりこれからも動物達の面倒は見ていきたいなって
思わせる大切な存在でもあります。
お互いこれからもいろいろあるでしょうがこれからも
飼い主としてしっかりペット達の命の責任を持っていきたいものですね。
この度はコメント本当にありがとうございました。

2015/12/04 (Fri) 08:03 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメち⚫︎⚫︎⚫︎さんへ

ち⚫︎⚫︎⚫︎さんへコメント頂き恐れ入ります。
あれから丁度一週間が経ち今日も1日彼女の事を
考えていたのですが今でもまだ側にいてくれて
いるような気がしてなりません。
でも日々が立つのは早いものできっとその過ぎていく
時間が少しづつこの辛さを薄れさせてくれるような気がします。
ちくちくさんもお母様という立場上もしご自分や子供達
や旦那様に何かあったらとやはり考えてしまうものですよね。
ペットの動物でさえこんなに辛いのですから家族となれば
なおさら、、、でも生きている生物には避けて通れないこの
問題は一生の課題だと思います。今回のニュアージュの件
どっちを選んでも悔いが残る結果になったと思います。
僕はこの経験をこれから生きて行く上で生かしていかないとな
と思いました。今回は本当にありがとうございました。
次回から普通のブラマニに戻ると思いますので
どうかこれからもこのブラマニ宜しくお願い致します。

2015/12/05 (Sat) 06:21 | EDIT | REPLY |   

ガク  

あかねこさんへ

あかねこさんこの度はこの様な励ましのコメント
を残してくださり本当にありがとうございます。
あのトリョーシカ今では僕の大切な大切な宝物です。
あんなに素敵に作ってくださってニュニュ、カプ、モカ
家族皆そろって本当に可愛くって大好きです。
あかねこさんの猫ちゃんも心臓病だったのですね
猫には多い遺伝子的な病気だとお医者さんがおしゃってましたが。。。
やはりペットといえども家族を亡くすと辛いものですよね
でもそれでも日々の生活は続いていく、、、
本当にわざわざコメントくださってありがとうございます。
これからもどうか創作活動頑張ってくださいね。
応援しております。

2015/12/05 (Sat) 06:29 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメさ⚫︎さんへ

鍵コメさ⚫︎さんこの度はわざわざこの様に
励ましのコメントを残してくださってありがとうございます。
彼女も10年よく頑張りました、天国で怒ってないといいのですが。。。
わんちゃんをお飼いになられたのですか〜どうかいっぱいいっぱい
可愛がってあげてくださいね。きっとそのさ⚫︎さんのその愛情にいっぱい
いっぱい応えてくれると思いますよ。でも避妊の件は難しい問題ですよね
さ⚫︎さんが納得出来る答えが出ますようにお祈りしております。
この度はお優しいお言葉本当にありがとうございました。

2015/12/05 (Sat) 06:41 | EDIT | REPLY |   

マドレーヌ  

とてもつらいですよね
13年もの間、そばにいてくれたニュアージュさんがいなくなってしまうということに
きっとなかなか慣れることができないと思います。
闘病生活が長くなり、投薬を続けても少しずつ命が削られていくのを
ただ見守ることしかできず、
苦しんでいる姿に、迷いがあったこともよくわかります。
でも、きっと
ずっと一緒にいたい気持ちは、
彼女も同じだったのではないかしら?
だからこそ、つらくても力をふりしぼって喉をならしてくれたんだと思います。
最後のにゃーの意味はわからないけど、
きっと伝えたいことがあったのでしょうね。
それは、ガクさんがずっと一緒にいたい人だったからだし、
ほんとに命を削って発した言葉だったのだと思います。
ガクさん、ニュアージュさんの介護お疲れさまでした。
覚えていて、ときどき思い出してあげたらいいのだと思いますよ。
きっと今はニュアージュさんがガクさんのことを見守ってくれているのだと思います。

2015/12/05 (Sat) 22:45 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメさんへ

鍵コメさんへ
> 愛ネコがなくなったのに、ランキング用の押す奴作れる余裕!? 私にはネタに感じ取れます。

そうですね、おっしゃる通りだと思います。
ブログにこの件を書いた時点で読んだ方はどう思うのだろうか?
と悩みながらお人形のブログなのにこんなことまで書いてしまって
いいのだろうか?と思ったのですがなんども言わせていただきますが
ここはブログと言う僕個人の公開ダイアリーみたいなものなので
僕もこうしてブログにまとめる事で、今のこの気持ちの整理と
後々に今のこのニュアージュへの気持ちを残したいと思いました。
また動物を飼っていらっしゃる方々へ
少しでも参考見なればと。。。
読まれて不愉快に思われる方も賛同していただける方もいらっしゃる
と思うのでどうかお許しくださいね。

2015/12/06 (Sun) 16:47 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメモ⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎さんへ

鍵コメモ⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎さんおはようございます。
いえいえ、こちらこそいつもいつもご丁寧に素敵な
コメントを残して下さって本当に感謝しております。
鍵コメになっていなかったのでブログの記事上では
削除させて頂きましたが頂いたコメントはしっかり
メールで受け取って大切に読まさせていただきました。
あんな心の籠ったコメント初めて頂きました。
優しお言葉感謝いたします。
なんか可愛いお人形のブログなのにこんなリアルな
ちょっとハードな話題ばかりで読んでくださる皆さんに
は申し訳ないな〜って思っております。
「頑張る」って言葉、そうですねおっしゃるように
いつも僕は何気ばく使っておりますがこの様に言って頂けた
だけで報われた気持ちです。
ニュアージュが旅立って丁度一週間が経ちますが
本当に時間が経つのは早いですね、でもまだ彼女の
面影が家中に残っているような感じでまだまだ忘れられそうに
はないのですが時間が癒してくれるのだろうと思っております。
いい飼い主だったかどうか自分ではわからないのですが
まだ居るうちの子達を彼女の分まで、いやそれ以上可愛がって
あげようと思っております。
安楽死の答はもし見送ったにしろきっと悔いが残ったと思います。
本当に答えの出せないこの問題、この罪を背をって飼い主としての
責任をこれからも全うしていけたらと思っております。
僕もコーヒーのミルクも雲を見る度に
彼女の事を思い出すと思います。
本当にありがとうございました。

2015/12/07 (Mon) 06:08 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメジ⚫︎ンさんへ

鍵コメジ⚫︎ンさん、初めまして!!
ニュアージュの事をここまで考えて下さって
本当にありがとうございます。
そうですかワンちゃん残念でしたね、ペットと
言っても大切な家族の一員その子が居なくなる
悲しみと辛さは飼い主じゃないとわからないですよね。
僕も今でもあの時こいしておけばよかった、ああして
あげてればよかったと後悔の嵐です。
こうやって悩んで苦しんで少しずついい飼い主になって
いくのかもしれませんね。おっしゃるようにドールも
ペットの様な生き物じゃないですがやはり同じように
大切に愛でてあげないとダメなのかもしれませんね。
この度は励ましのコメント本当にありがとうございました。

2015/12/07 (Mon) 06:19 | EDIT | REPLY |   

ガク  

わかさんへ

わかさんこんにちはブログいつも見て頂いてありがとうございます。
姉妹の様に育った猫ちゃんが亡くなって残念でしたね。
たかがペットを思われるかたもいらっしゃるでしょうが
やはり生きているひとつの命、存在感は人間と同じですよね。
僕もこれから彼女との楽しかった思い出を少しづつ思い出して
彼女の事をいつも思っていけたらいいな〜って思ってます。
彼女の事を思う、思い出す人が居なくなった時が本当の『死』
だっていいますよね、、、僕が思い出してあげる限りきっと
彼女は僕の側にいてくれる様な気がします。
励ましのコメント本当にありがとうございました。

2015/12/08 (Tue) 06:29 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメみ⚫︎さんへ

鍵コメみ⚫︎さん、はじめましてこんにちは〜
やはりみ⚫︎さんも僕と同じで愛猫さんを失われたばかりなのですね。。。
いつも何気なく側に居てくれた存在がある日突然居なくなってしまうと
やはり心にぽっかり穴が開いてしまいますよね。
僕も小さい頃父を亡くしたのですが小さかったのでその死というもの
意識した事がなかったので実際に僕がリアルに死と向き合ったのが
ニュアージュだったので衝撃が大きかったです。
批判的な意見の方もいらしゃるかとはおもうのですがこうして僕は
ブログの記事にする事で少しはニュアージュの死への思いが少しです
が落ち着きゆっくり考えられる様になりました。
僕もいつまでもひきづらないで少しづつ彼女への思いを手放して
行ける様に頑張ります。
ブライスへの思いもやはり現実的な問題を突きつけられると
どうしてもこのまま呑気にお人形で遊んでいてもいいのだろうかと
迷ってしまいますが苦しいからこそお人形で気分転換するのが
必要なのかもしれません。
なのでこれからもブライスさん達には僕の側にいて癒してもらえたら
いいな〜って思っております。
本当にいろいろご心配お掛けしました。
これからもどうかこのブラマニ共々宜しく御願い致します。

2015/12/08 (Tue) 06:46 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメま⚫︎さんへ

鍵コメま⚫︎さんこにちは!!
連日ちょっと重い記事ばかりで申し訳ありません。
自分でもこうやってブログの記事にする事で頭や心
を整理させて頂いております。またそれ以上にこの
ブログを読んでくださる皆さんから励ましや叱咤の
コメントをいただく事で前向きに考えて進む事が
出来ております。本当に感謝しております。
本当にま⚫︎さんのおっしゃるように思い出す事で
彼女の供養になるような気がします。
思い出すとまだ悲しいのですがそれでいいのですよね、
こうやって僕が彼女を思い出してあげることで彼女の
生きた証になるような気がします。
こうやって記事にした事で日本の皆さんにもニュニュ
の事を考えていただけ思って頂ける本当にありがたいです。
これからも娘さんと一緒に楽しんで頂けるようなブログを
綴っていけたらと思っておりますのでこれからもどうか
応援宜しく御願い致します。

2015/12/09 (Wed) 06:42 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメジ⚫︎⚫︎さんへ

鍵コメジ⚫︎⚫︎さんはじめまして!!
わざわざコメントを残してくださり本当にありがとうございます。
ジ⚫︎⚫︎さんはワンちゃんを亡くされたのですね、お辛かったでしょうね。
お互い無理に忘れるのではなく彼らとの楽しかった素敵な思い出を
思い出す事で少しづつ前に進んでいけたらいいですね。
時間がこの苦しみを薄めてくれるのですが同時に彼らの面影や触った
時の温かさや感触も忘れてしまうようでちょっと辛いですね。。。
この度は励ましのコメント本当にありがとうございました。

2015/12/09 (Wed) 06:46 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/12/11 (Fri) 01:28 | EDIT | REPLY |   

ガク  

マドレーヌさんへ

マドレーヌさんご丁寧にコメントくださり
本当にありがとうございます。
あれから大分経って落ち着いて考えられるようにまでなりました。
ニュアージュは自分で庭の木の下に埋めてあげた
のですが今日も会いに行って声を掛けてきました。
あやまりの言葉ばかり口から出てきてしまうのですが
今でも普通に僕一緒に家に居て呑気にソファで寝ている
気がしてなりません。そうですね〜この様に少しでも
彼女の事を思い出してあげる事が供養になるのかもしれませんね。
ご心配おかけしました。慰めのコメ本当にありがとうございます。
とっても嬉しかったです。

2015/12/14 (Mon) 04:18 | EDIT | REPLY |   

ガク  

鍵コメち⚫︎⚫︎さんへ

鍵コメち⚫︎⚫︎さん慰めのお言葉本当にありがとうございます。
交通事故とはおつらいですよね、こればっかりはどうすることも
できませんね、まだ病気だったりした方がお別れもできますし
こちらの覚悟も違いますよね。。。是非是非子育てが終わったら
また猫ちゃん飼ってあげてくださいね。
僕もすこしづつですが落ち着いて元気になってきております。
ご心配してくださって本当にありがとうございました。

2015/12/14 (Mon) 04:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment